独特のプロセス技術

最大2,500リットルのスケールによる製造用の標準的工業設備に加えて、当社はまた以下の専門的設備を誇りとしています:

多段階短経路薄膜蒸留法

当社の設備は全ての部品が硝子とハステロイで作られた、一連の脱気ユニット、薄膜分画カラムおよび短経路の蒸発器から成ります。 医薬品中間体やAPIの精製の必要性のために特に適するとして、その適正が認められています。現在、当社は全部品がハステロイで作られたバルク材用の、薄膜蒸発器と分画蒸留ユニットからなる追加装置の設置を行っています。 それによって、大容量の濃縮と分画蒸留が可能となります。この機器は社内で使用しますが、要請に応じて、当社のお客様にも蒸留サービスをご提供できます。

溶剤リサイクルユニット

当社は、環境保護に責任能力のある企業です。 化石燃料よりも木材ペレットを燃やすことで二酸化炭素の排出を最小限にしようと努めています。 さらに、できる限り溶媒のリサイクルを行います。 この目的で当社は専用の溶媒リサイクルユニットを作動させていますが、第三者による使用も可能としています。

凍結乾燥

当社は最近、6.5 m2の凍結乾燥ユニットの使用を開始しました。 水や沸点が高いその他の溶媒を精巧な方法で乾燥させたり、無定形で即座に溶解する物質を生成させたりするのに有用です。

マイクロ波補助化学合成

マイクロ波テクノロジーは化学反応の従来の遂行方法に比べると、熱エネルギーの非常に有効な転移や、研究室スケールの高圧反応に理想的です。 マイクロ波補助化学反応は、一般的に汚れが少なく、より速くより有効です。 当社は、小規模のAPI製造に完璧に適したこのテクノロジーにほぼ10年の経験があります。 当社の複合施設は、医薬製剤製造のための適正が認められています。

微生物学研究室および関連サービス

化学研究室に加えて、当社は完備された最新のレベル2のバイオセーフティー(中程度の危険の可能性)の研究室を維持し、それによってバイオセーフティークラスII(3**-空気感染しない) の細菌の幾つかを取り扱うことが可能です。 当社のノウハウ、装備、および相当数の微生物のコレクションによって、臨床、食物および環境応用における細菌検出や同定のための酵素学的試験およびアッセイの開発ができます。

GMP微細化

粒径は多くのバイオシンス製品応用における重要な要素なので、当社には医薬品成分を含む幅広い材料を必要な粒子サイズに微細化するための設備が整っています。

プロセス開発

当社はまた、多数の自社製品について製造工程を独自に開発してきたという長年の経験を誇っています。 当社の中国の提携企業はプロセス開発、最適化、さらに検証目的でプロセス関連の不純物の特徴付けと合成を専門とします。

知的財産(IP)の保存

当社の研究開発活動およびバッチの記録は全て、電子文書化、時間の記録、版の管理をされています。 電子文書へのアクセスは、必要に応じて許可され、当社の研究所への実際のアクセスにはバイオメトリックな識別認証が必要とされます。

当然ですが、当社はお客様と機密保持契約を交わし署名します。 さらに、全てのバイオシンス社の社員は雇用契約時に秘密保持の契約に署名します。

 

 

関連サービス

カスタム蒸留

連絡のご要請

 

 

 

 

 

関連サービス

カスタム溶媒リサイクル

連絡のご要請

 

 

 

 

 

関連サービス

カスタム凍結乾燥

連絡のご要請

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連サービス

研究開発プロジェクト

連絡のご要請

footerBackground